スポチャン
田邊会長にきく
No.50
[第38回世界選手権大会]

世界大会はいかがでしたか?

今年度の世界大会は昨年同様、国立オリンピック記念青少年総合センターでしたが、来年の第39回世界大会は、昭和39年の東京オリンピックで大活躍した「東洋の魔女」のバレーボールの試合が行われた伝統ある東京都駒沢オリンピック公園総合運動場で開催致します。現在はリニューアルされ、大変綺麗になっています。多くの皆さんのご参加を期待します。

今年の世界大会で記憶に残った事が幾つかありました。
先ず基本動作のグランドチャンピオン戦です。グランドチャンピオン戦には各段級の優勝者が出場し、ここで全体総合優勝した者が今年の世界チャンピオンです。今回も10級の部から3段以上に部まで8ブロックより選出された代表が赤いヒモを引くという抽選方法で対戦相手を決定します。そこで決まったのは、第一回戦で、5年連続全日本チャンピオンの藤谷恭信選手(岡山県・基本動作5段)と基本動作10級の幼稚園児、細川智穂選手(東京都)が戦うことになりました。思わず「ホントかよ」と思いました。審判12名は全員が外国の先生たちです。彼らがどのように反応するか、胸高鳴る30秒でした。多分、審判員も心中複雑だったのではないでしょうか。ともあれ、号令員の「礼」「構え刀」と、情け容赦なく号令が掛かります。全日本グランドチャンピオンの藤谷君も「真剣」。かたや智穂ちゃんも「真剣」。審判を見ると、審判も「真剣」。そして息詰まる30秒。「判定!」見ている全員が固唾を飲んで見守っている。どこの国の誰か知りませんが、智穂ちゃんに一本、上がっていました。智穂ちゃんは悔しそうな顔をしていました。勝てるかと思っていたのでしょう。


第38回世界選手権大会 基本動作の部 グランドチャンピオン戦 一回戦
幼稚園児 細川智穂選手(10級) VS 5年連続全日本チャンピオン 藤谷恭信選手(五段)


12名の外国の審判員が見つめる

基本動作の前見の審査の場合は、正中線が最重要です。選手は正中線から外れないようすることがアドバイスです。横並びに並ぶ12名の審判の内、真正面から見ることができる審判ばかりではありません。左右の端に座る審判は斜め見の審査となります。斜め見の場合は、足の幅、体勢を見ることになりますが、まぁ、斜め見でも正中線が外れていることは判断ができますね。
基本動作のクラブ対抗団体戦は、1チーム3名で、2チーム6名が同時に演武するわけです。その場合「気・剣・体」の一致、即ち調和、気迫が判断されるポイントです。無論、3名のバランスが取れていれば美しい表現が出るでしょう。

打突部門はいかがでしたか?

今回、打突競技では大きく変わっているところがありました。昨年の決勝戦を経て、チェッカー(検査役)を増員したところです。他の審判と見分けるためにチェッカービブス(チェッカーベスト)を着用させました。チェッカーは1名以上、4名以下で実施し、特にグランドチャンピオン戦・決勝戦では、審判3名、チェッカー4名としました。少しでもフェアな裁定ができるように全員が努力するのは当然です。選手から挙手がなくても、その流れから「違和感」・「サイン」を見落とさないようにしなければなりません。挙手できる勇気のある選手もいれば、物言わぬ選手もいます。いずれも大事なことです。そこで全員で合議を端的に行い、そして主審の「再判定」の号令で、多数決決定をします。 全体の検査役の錬度も上がってきました。地方の大会でもこれを参考にして公平な大会運営を心掛けて頂きたい。


チェッカービブス(チェッカーベスト)を着用した検査役

※ コート内入れるのは、選手・審判3名・チェッカー(1名以上4名以下)のみとし、それ以外の者(監督も含め)の立ち入りは厳禁です。検査役は、審判と区別できるようにチェッカービブス(チェッカーベスト)を着用します。


赤いヒモで対戦相手を決める抽選

[2] 
打突部門グランドチャンピオン 田村勇樹選手(神奈川県)
東前先生、田村江見子先生、田邊会長、東憲一先生、田村勝家先生

有り難うございました。
次回もお楽しみに!!

BackNumberへ戻る
[0]トップ
Copyright(C) The International SPORTS CHANBARA Association. ALL rights reserved.